加齢臭とおやじ臭は成分の違う別物だった

人間30代にもなってくると、加齢臭を気にする人も多いのではないでしょうか。加齢臭という名称の通り加齢によって体臭の成分が変化しするものなのです が、実はこの加齢臭について多く誤解されています。加齢臭というのは、ノネナールを主成分とした臭いのことであり、蝋燭やチーズ、古本といった物に例えら れるような臭いを発します。この主成分となるノネナールの発生ですが、実は男性であれば40代以降、女性であれば閉経後から増えると言われています。もち ろんそれ以前でも多少の分泌はされていますが、それを強い悪臭として感じるほどに分泌されることはあまりありません。
加齢臭対策
30代頃に感じられる悪臭はまた別の物で、ペラルゴン酸を主成分とする臭いです。この臭いを加齢臭だと勘違いしている方も多く、対策グッズを扱うメーカー の中には、ノネナールを成分とする臭いを加齢臭、ペラルゴン酸を主成分とする臭いをおやじ臭と使い分けている所もあります。ノネナールにしろペラルゴン酸 にしろ21世紀になって発見されたものであり、まだまだ研究途中です。対処法もある程度整ってはいるものの、従来の物を流用しているに過ぎず決定的な対策 というのは見つかっていないため、今後のさらなる研究が期待されるものとなっています。