食べる物を変えるだけで、加齢臭が防げる⁈

加齢臭を防ぐためには、自分から出る脂を酸化させない事が大切なのです。
加齢臭の原因は「ノネナール」と言う事が分かってきました。
自分から出る皮脂が、空気や日差しによって腐った油のようになる事を酸化すると言います。
この、皮脂が酸化した時に「ノネナール」と言う成分になり、あの加齢臭を発するのです。
ですから、自分の皮脂を酸化させないようにすれば、加齢臭は防げるのです。
もちろん、食事を気をつけるだけで加齢臭は変わってきます。
・脂っこい食べ物は控える
・ビタミンCやビタミンEを積極的に摂る
・アルコールを控える
この3つを気をつけるだけで、加齢臭を防ぐ事ができるのです。
脂っこい物を食べれば、どうしても体の中の脂分も多くなり、皮脂から分泌されやすくなります。
その、皮脂を酸化させないようにする力があるのが、ビタミンCとビタミンEなのです。
この2つのビタミンは、抗酸化作用があるのです。
ピーマンやパセリ、アーモンドやカボチャなどを積極的に食べるようにしましょう。
そして、お酒もほどほどにしましょう。
臭いのためなので、たくさん飲みたくても控えるようにしましょう。
これを気をつける事により、加齢臭は良い方向に変わってきますよ。