気づいてもらって、協力して!

私が勤めていた職場は某財団法人職員の多くが天下りのオッサンという超高齢環境でしただからもう営業時間帯に事務所に入って行くとツーンと鼻を刺す加齢臭が漂っているのです彼らは定時退社ですから五時を過ぎてオッサン人口が減ると見事に匂いが薄くなっていくんです若い職員が結束して空気の入れ替えをしたり消臭剤を置いてみたりしましたが効果はほとんどありませんでした

個人個人が強い匂いのモトなんです人によって少しずつ違いがありますが古くなった油の匂い空き家の匂い古紙の匂い混ぜたような何とも不快な匂いですね私の夫は40歳を過ぎた頃から枕やフェイスタオルが臭うようになってきました

いくら言っても脂っこいもの大好き&シャワーは浴びてもお風呂が嫌いな人ですから早いけど仕方ありませんこのままじゃ女の子たちに嫌われるよ脅して実際に枕の匂いを嗅がせました自分がクサイってことを自覚して貰えないと対策に協力してくれませんからねこれには姪っ子も協力して貰いました

男性は妻の言うことはあまり気にしなくても若い女の子の評価に敏感ですよお風呂で汗をかくこと頭をこまめに洗って貰うことと共に消臭クリーム(私も使っているデオプラスラボ加齢臭にもおすすめです)耳の後ろから首筋腋の下に使って貰うようにしましたかなり改善された再び姪っ子にご協力願ってあー最近いい匂いって言ってもらいましたよ素直に喜んでいましたのでこれからも努力してくれると思います

不規則な生活を送っている人は加齢臭も早く出てしまいます。

若い頃には全然気にしなかったのに年齢を重ねてくると体から独特に臭いが発生してしまいますこの臭いを加齢臭と呼ばれていて一般的には40歳ぐらいから発生してくると言われていますが睡眠不足食生活の乱れなど不規則な生活を送っている人は体にも悪影響を及ばしているので30歳ぐらいから加齢臭が出てきてしまうケースもあります

加齢臭は人それぞれ臭いに強さが違いますがやはり不規則な生活を送っていて体に悪影響を及ぼしている人ほど臭いは強くなっている傾向があります

場合によっては服にこびり付いて洗濯しても臭いが取れない場合もあります加齢臭は自分では気づきにくいものなので誰かに指摘されて気づく事が多いです

しかし指摘されているという事は加齢臭が充満していて臭っているという事なので周囲の人には迷惑をかけているはずです周囲の人に迷惑をかけてしまうと距離を置かれたりすることもあるので加齢臭を予防する事が大切になってきます

加齢臭を予防するには毎日入浴して体をしっかり洗うというのは当然の事なのですが消臭スプレーを着ている服にかけて臭いを防ぐことも大切です加齢臭を防いで周囲の人に迷惑をかけないようにする事も社会人としてのマナーなので気をつけましょう

加齢臭は男性だけのものではない!

タバコとハッカを混ぜたような臭い、加齢臭。中高年男性から漂う独特の体臭のように思われがちですが、それは決して男性だけのものではないのです。女性の 皆さんにとっても重大な問題の1つです。女性においての加齢臭、それは女性ホルモンが減少し始める40代頃に出てくる人が多いようです。女性ホルモンが減 り始めると同時に臭いがではじめるのは、女性ホルモンが皮脂分泌を抑制しているからです。よく、年をとるごとに皮脂分泌が弱くなり、肌がカサカサになると 言いますよね?実は、あれは逆なのです。皮脂腺の働きを抑制してくれている女性ホルモンが減りはじめれば当然、 目に見えない皮脂の分泌量は増えます。

加齢臭の原因物質、それは男女ともに「ノネナール」だと言われています。これは皮脂から出てくる物質です。ノネナールは、皮脂腺の中の脂質が活性酸素に よって酸化されてできた過酸化脂質と、中高年特有の脂肪酸「パルミトオレイン酸」が反応することで発生します。これが男性でしたら、60代以降に男性ホル モンが減少するため、皮脂量も減り、加齢臭が弱まっていきますが、女性は更年期以降、女性ホルモンが減り皮脂腺の抑制が効かなくなっていくため、加齢臭が より出やすく、ニオイもますます強くなっていきます。
そのため、実は女性の加齢臭のほうがキツく、期間も長いのです。

では、どうすれば加齢臭を抑えられるのか。まずは、皮脂ケアが重要になります。皮脂腺は全身にありますが、特に多く存在する部分という箇所があります。そ れは、頭皮、、脇顔のTゾーン、耳の後ろ、胸や背中にかけてです。これらの部位を念入りにケアすることで、加齢臭は抑制できるのです。現在は加齢臭石鹸と いう、消臭・殺菌作用に優れたものを取り扱っているお店もあります。ローズオイル配合のものが、香りも良くてオススメです。インターネットショップで取り 扱っているお店も多いようなので、1度検索されてみてはいかがでしょうか?